多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成

Route-t

お問い合わせはこちらから

コラム

多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成 Route-t » コラム

「よく出来た」ホームページ

先日他の方が作ったホームページを、修正する機会がありました。なるほどそのホームページは実に素晴らしいデザインで、とてもよく出来ていました。しかしあまりにもよく作りすぎていたために、修正作業を行うのにすごい手間がかかったのです。

例えば、レイアウトがきっちり出来すぎているので、文章を一文追加しただけでも、レイアウト崩れが発生してしまう、そういうような作りになっていたのです。

私は常々「ホームページは完成した所からがスタートです」と言っています。ホームページはチラシなどと違って、一度作って終わりではありません。何度も修正を重ね情報を追加していくことで、初めて「生きた」ホームページになるのです。

そういった事を考えると、後のメンテナンスの事をまるで考えないキッチリと作った「よく出来た」ホームページは、あまり現実に即していないのでは無いでしょうか。

しかしメンテナンスの事ばかりを考えると、今度はデザイン面がおろそかになってしまう事があります。難しいところです。大切なことは、その両方のバランスをいかにして取っていくか、という所にあるのでしょう。

2020年9月2日

ホームページの表示速度改善

SEOの観点から、「ホームページが表示される速度は速い方がいい」という事になっています。またそうした改善のご依頼をいただく事が、たまにあります。

ホームページの表示速度を速くする方法は、実に簡単です。答えはホームページを極力「シンプル」にすることです。動画は絶対使ってはいけません。画像もキレイな物では無く、多少荒くなってもサイズが小さい物を使います。画像が無ければ更に表示速度は速くなるでしょう。スライドショーやプルダウンメニューなどの、プログラムが必要なものは一切設置しないのがベストです。プログラムがあると、どうしても表示速度が遅くなってしまいます。

…とこのように考えていけば分かるのですが、あまりに「表示速度」にこだわってしまうと、最終的にはデザイン性の全く無い、テキストだけのホームページがベストだ!となってしまいます。しかしちょっと冷静に考えれば、それがどれだけ現在のホームページとかけ離れた考えであるか、分かるかと思います。

もちろん表示速度を改善する事は大切なことですが、あまりにそればかりこだわってしまうと、本質を見失ってしまいます。まさに「過ぎたるは及ばざるが如し」なのです。

2020年5月17日

「今」だからこそ出来ること

新型コロナウイルス感染症も、なかなか先が見えづらい状況になっています。このような中で通常通りの企業活動が出来ず、大変な思いをされていらっしゃる方も多いかと思います。

しかしこうした状況だからこそ、出来るものもあるはずです。

例えば事務所の清掃、データの整理、今まで行ってきた業務のやり方を見直すなどです。打ち合わせなどは積極的にオンライン化していってもいいかもしれません。

先日あった例ですが、今までホームページを持っていらっしゃらなかった所で、「新型コロナウイルスの対策を行っています」というメッセージを出すために、ホームページを新しく作ったところがありました。確かにそうしたメッセージをホームページに出しておくことは、信頼感に繋がるでしょう。

「このままでは何も出来ない」と頭を抱えるだけで無く「今だからこそ出来る事」を探した方が、よりチャンスが広がることは間違いないでしょう。

2020年5月5日

メールフォームの無いホームページ

ごくごくたまに、メールフォームの無いホームページを見かけることがあります。もちろんメールを送ってもらう必要が無いようなページであれば、メールフォームはいらないでしょう。しかしホームページはほとんどの場合が問い合せを促すものなので、メールフォームが無いというのは、ホームページとしては問題があると言えます。

メールフォームがあっても、どこにあるのか全く分からないホームページがあります。通常であれば画面上の方に目立つような形で「お問い合わせ」などのリンクがあるのですが、画面下の方にひっそりと「お問い合わせ」リンクがあるページをたまに見かけます。全く目立っていないので、これはほとんど役に立っていないと思われます。

「お問い合わせ」へのリンクがあっても、メールフォームでは無くメールアドレスが記載されているだけというホームページがあります。これは今でも割と多く見かけるのですが、ホームページにメールアドレスが記載されていると、どうしてもスパムメールなどの標的になってしまいがちです。

ホームページには目立つように、お問い合わせページへのリンクを設置する。お問い合わせはメールでは無く、メールフォームを設定しておく。当たり前のようですが、ホームページを制作する上で最も大切なことのひとつだと思います。

2020年4月2日

ホームページに載った集合写真

自社のホームページに社員全員の集合写真を掲載する。あるいは社員の方の紹介ページがある。これは見ている方も親近感を覚えるので、とてもいい事だと思います。でもしかしちょっと待ってください。

例えば集合写真に映っている方がもし会社を辞めてしまった場合はどうされますか?一人くらいならそのままにしておくかもしれませんが、二人三人と辞めていった場合、さすがに差し替えないといけないでしょう。もし辞めたのが一人であっても、写真が引き続き掲載されることに難色を示す事もあるかもしれません。

そうなった場合、ホームページを全部見直して、その方が映っている写真を全て差し替えないとなりません。新しい写真を撮影しないといけなくなるかもしれません。辞める時だけではありません。新入社員が入ってくるたびに、新しい写真を撮影してホームページを更新しないといけなくなるでしょう。

ここで勘違いしていただきたくないのですが、だから「集合写真などは掲載しない方がいい」という事ではありません。むしろどんどん掲載するべきだと思います。ただそれにはこのような差し替えのリスクが伴いますし、定期的にホームページをチェック・更新する必要があるという事に他なりません。

私が常日頃言っている「ホームページは一度作って終わりでは無い」とは、こういう事を指しています。どんどん更新していくことが、ホームページには必要不可欠なのです。

2020年3月21日

「当たり前」を見直すということ

一連の新型コロナウイルスの騒動も、なかなか先が見えません。通常業務、売上に大打撃を受けている企業の皆さんも多いかと思います。しかし相手がウイルスでは、騒いでどうなる問題でもありません。

そこであえてこの状況で、ご自身・自社の業務内容について、もう一度見直してみるのもいいかもしれません。

自分たちが得意としている事は何なのか、最大の強みは何なのか、他社と差別化できることは何なのか。今のうちのそういった点を見直しておくことで、ウイルス騒動が一段落した後に取るべき行動が見えてくるかもしれません。

特に通常自分たちが「当たり前」に行ってきた業務が、実は最大の強みだったというケースも十分あります。特に声を上げて宣伝していなかったような事でも、お客様から喜ばれていたような事であれば、それは十分な強みになり得ます。

ウイルスによる騒動が終わるのをただ待っているだけよりも、その方がチャンスが巡ってくるかもしれません。

2020年3月20日

WordPressは便利?

最近のホームページの主流は、なんといってもWordPressでしょう。なんといっても便利なのはクライアント側で、簡単に更新が出来るようになる、というところです。そのせいもあって、随分普及してきました。

でも本当にWordPressは便利なのでしょうか?

「簡単に更新が出来る」と言われ確かに通常のHTMLで作ったものよりは、更新ははるかに楽だと言えます。それでもブログツール的な知識は最低限必要となります。また更新する場所によっては、レイアウトが崩れたり思いも寄らないエラーが出てしまう事もあります。

またWordPressは定期的にバージョンアップをします。バージョンアップをすると、今まで出来なかった事が出来るようになりますが、反面今まで出来ていたことが出来なくなってしまう事があります。場合によってはレイアウトなどが崩れてしまう事もあります。

それではバージョンアップしなければいいのかというと、そうなると今度は今まで利用していたプラグインなどが利用できなくなってしまい、やはりあちこちに支障をきたす事になってしまいます。

そうなると結局WordPressのバージョンアップごとに新しく作り直さないといけない、という事だって十分起きます。WordPressが便利なのは間違いないのですが、決して万能では無いという事を理解しておいた方がいいでしょう。

2020年2月29日

Windows7のサポート終了

2020年、つまり今年1月14日にWindows7と8.1のサポートが終了になる、という事で話題になっています。

あくまでも「サポート」が終了ですので、それ以後もWindows7と8.1を使い続けることは可能です。ただし何らかの原因で壊れてしまったような場合のサポートは当然受けられなくなりますし、セキュリティプログラムなどが更新されなくなります。

そうしたデメリットを理解した上で、使い続けるのであれば特に問題は無いかと思いますが、やはり早めにWindows10に切り替えるなどの対策を行った方がいいでしょう。

中には「終了」とだけ聞いて、慌ててWindows7を買い占めた…という人もいるようですが、当然のことながらこれは全く意味が無い行動です。

2020年1月11日

システム制作の難しさ

最近は決済システムや顧客管理システムなど、様々なシステムを組み込んだホームページも増えてきております。そしてそのようなホームページを作りたい、というご依頼を受けることがあります。本当にありがたいことです。

しかし

このようなシステムが組み込まれたホームページは、どうしても制作に時間がかかってしまいます。残念ながら気軽に作れるものでは、決してありません。

例えばショッピングカートなど決済システムが必要なものであれば、決済のシステムが正常に動作することをテストしないといけません。全てのクレジットカードで正常に動作するかどうか、消費税などが正しく計算されているかどうか、更にそこから割引などを設定した場合、正しい価格になるかどうか…。チェック項目は実に多岐に渡ります。

その分制作には時間がかかります。そして費用もかかってしまうのです。しかしそうしておかないと、後で何かあった時に大変な事になってしまうのです。様々な状況を想定しないといけないのです。

2019年12月13日

読み込み時間のあるホームページ

ホームページを開くと読み込み(ロード)画面が表示され、少し経つと表示されるようになる、という形式のホームページがあります。最近割とよく見る形式なので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

なぜ読み込みが必要かというところですが、どんなホームページでも画面を開いてすぐに全部表示されるわけではありません。まず最初はテキスト部分、次に写真などの画像部分、そして最後にプログラムなどの部分が表示されます。この時に大きな画像などを使っているとその画像の読み込みに時間がかかってしまい、一瞬ですが未完成の状態のホームページが表示されてしまうことがあります。

最近は回線速度もパソコンの処理速度も上がっているのですが、場合によってはそうした「未完成の」ホームページが表示されてしまうのです。しかし読み込み画面をつくることで、そうした「未完成の」状態を表示させないようにする、という配慮なのです。

しかし読み込み時間があまりにも長いと、本末転倒です。読み込み時間を待っている間に、他のページに行ってしまう事もあるかもしれません。そもそもそんな大きなサイズの画像などを使わないように、ホームページを作ればいいだけの話です。

デザイン性を取るか、それとも利便性を取るのか。自社のホームページの役割をしっかり理解して、適切なホームページを作ることが大切だと言えるでしょう。

2019年12月12日

メールはこちらからメールはこちらから