多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成

Route-t

tel
お問い合わせはこちらから

コラム

多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成 Route-t » コラム

人手不足

先日打ち合わせでおうかがいした会社の方が「今、求人をかけても全然人が集まらない。こんなの始めて。」と言っていました。

その時はそんな事もあるのだな、と思っていたのですが、その次に打ち合わせでお会いした方も、やはり「求人で全然人が来ない」と言っていました。ちょっと驚きました。

短期間に全然違う業種の方が二人とも「求人で人が集まらない」と言われていたのです。どうやら今は人手不足の状況のようです。

もちろん業種によってはすぐに集まる所もあるとは思います。ただやはり昨今「ブラック企業」は「サービス残業」などが話題になっていて、面接を受ける側もより良い条件のところを探しているのかもしれませんね。

2017年11月20日

起業した会社の70%が3年以内に倒産?

こんな話を聞いた事があります。細かい数字が違ったかもしれませんが、とにかく新しく設立した起業は3年以内でほとんどが無くなってしまう、という事だったと思います。

実は先日、今までお会いした方々の名刺を整理していました。そのついでに名刺に書かれているホームページにもアクセスしてみたのですが…結構な数のホームページが無くなっていました。

ほんの1~2年前に、交流会でお会いした方々のホームページもおおよそ一割くらいでしょうか、アクセスできなくなっていたのです。本当に驚きました。

もちろん中には、会社名を変えて別の仕事をされている方もいるのだと思います。また逆にサーバー料金だけ払い続けて、ホームページだけ残っているというパターンもあるのかもしれません。

そこで思い出したのが最初の「起業した会社の70%が3年以内に倒産する」という言葉でした。いままではあまり気にも留めていなかったのですが、改めて実感することが出来ました。

2017年11月5日

新規プランを追加しました。

ホームページ制作に、新しいプランを追加いたしました。
「新規開業の方限定プラン」と「ホームページ制作月額プラン」です。

「新規開業の方限定プラン」は、新規で開業される方限定の、ホームページ制作プランです。
制作費用はバリュープラン同様、1ページ11,000円になるのですが、サーバー管理費を月額3,000円にしました(ただし最初の一年間のみです。二年目以降は通常通りの費用となります)。
新規開業を考えておられる方、開業と一緒にホームページを持っていると、とても有利です。是非ご利用ください。

「ホームページ制作月額プラン」は、文字通り月額でのホームページ制作プランです。
通常のホームページ制作費用は「制作費 + 月額サーバー管理費用」となりますが、このプランでは「月額サーバー管理費用」のみとなります。
ただしページ数は最大5ページとなり、またご利用は最低1年からとさせていただきます。

どちらでも、目的に合った制作プランをお選びください。

2017年5月26日

Jimdo対応スタートしました

Jimdoでの制作に対応いたしました。Jimdoは専門的な知識が無くても、
簡単・気軽に、ホームページを作り、更新していくことが出来る、
KDDIウェブコミュニケーションズのホームページ作成サービスです。
低コストなのも特徴の1つです。

大規模なページは不得手ですが、
小規模の更新を頻繁に行うようなページに利用すると、
面白いかもしれません。
詳しくはお問い合わせください。

2017年5月2日

レイアウトと画像

この仕事を長くやっていると、色々なホームページを目にします。
いいデザインのもの、いまいちなデザインのものなど、色々あります。
いろいろ見ていて気づいたのは、いわゆる「いいデザインだな」と思えるページのほとんどは、実は使っている写真がキレイなページだったりします。逆に言うと、写真さえ良ければ、ある程度レイアウトが良くなくても、カバーできます。

逆にどんなにレイアウトが良くても、写真が悪ければ台無しです。
例えばトップページに、スマートフォンで撮影したような写真が掲載されていたら、それだけでイメージがかなり悪くなる事は間違いありません。

写真はもちろんこちらである程度の加工は出来ますが、元が悪いとどうしてもそれなりの出来になってしまいます。
特に商品などの写真はカメラマンに撮影をお願いするなど、より良いものを使っていくようにした方が断然見ている人の印象も良くなります。

2017年2月13日

新年

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
本年もより一層のご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

2017年1月2日

キャッチコピーについて

企業ホームページのトップには、キャッチコピーが掲載されています。
やはりキャッチコピーはホームページにアクセスして最初に目にするものですから、どの企業も力を入れてきています。

では具体的には、どういうキャッチコピーが優れているのでしょうか?

色々な考え方がありますが、自分としては「業務内容がひと目でわかるキャッチコピー」が優れていると思います。

たとえばこのRoute-t のキャッチコピーは…
「ホームページをもっと気軽に!格安で貴方にお届けいたします。」
…となっています。
これを見るだけで、「この会社はホームページを格安で制作しているんだな」という事がわかります。

もしこのキャッチコピーが例えば…
「あなたとお客様をお繋ぎします」
のような、抽象的なコピーだったらどうでしょう?
イメージとしてはいいかもしれませんが、具体的な言葉が無いので、どういう会社なのか分からなくなってしまいます。

もちろん誰もが知っている大手企業であれば、イメージ優先の抽象的なキャッチコピーでも構わないと思います。
でも中小の企業であれば、業務内容が分かるキャッチコピーの方が、見る人にとってもいいのでは無いでしょうか。

2016年12月25日

イラストの値段

普通の企業サイトであれば、画像には大体写真を使います。しかし時として、イラストを使いたいというお話もいただきます。しかしイラストを使いたい場合というのはかなり具体的な内容が求められることが多いため、いわゆるフリー素材では、なかなかいい物が見つからない事が多々あります。

このような場合、イラストレーターの方にイラストを発注して描いてもらうのですが、問題はその予算です。具体的な内容になるため、描き直しも何度か必要になるでしょう。その分を考えないといけません。また今後の事を考えた場合、WEB用だけでは無く印刷にも使えるように、かなりの高画質なものをあらかじめお願いしておいた方がいいでしょう。

結果…まあそこそこ高価になってしまいます。

でも書いたとおり、イラストは使い回しがきかない場合が結構あります。それを考えると多少高くとも良い物を作っておいた方がいいと思うのですが、皆さんはどうお考えでしょうか。

2016年12月8日

安い物は安いなりの理由がある

封筒に封をするとき、テープのりを使っているのですが、以前は100円ショップのテープのりを使っていました。100円ショップの物でも全然問題なかったのですが、確かにちょっとテープが貼りづらかった事があったと思います。

ちょっとしたきっかけで、今は180円くらいのテープのりを使っているのですが、これがたった80円しか違わないのに、もう使い勝手が全然違います。テープもとても貼りやすいですし、はがれにくくなっています。

本当にたった数十円の違いなのですが、やはり安い物には安いなりの理由があるのだな、と思い知りました。これからはなんでもかんでも安い物は使わずに、少し高い物も使ってみようかと思います。

2016年8月1日

時代に合わせたホームページ

先日のことですが、Googleがブラウザ「Chrome」でのFlash動画のサポートを段階的に廃止する、という発表がありました。もちろんデフォルトでの話なので設定によっては今まで通り使えると思うのですが、それでも結構大きな決断だと思います。

スマホやタブレットでは既にFlash動画はほとんど見れなくなってきています。おそらくはこれを受けた流れなのでしょう。

自分の体感では、Flash動画は5年位前までは制作の依頼があったのですが、今ではほとんどありません。やはりスマホやタブレットでFlashが見れないという事が影響していると思います。

ただこれでFlashが全く無くなるか、というとそんな事は無いと思います。実際ブラウザのゲームなどでは、今もFlashが忠臣となって使われています。

ホームページを制作するときは、誰に何を見せたいのか、という事を明確に考えたうえで、Flashを使うのか他の手段をするのか、ということを考えていくべきでしょう。

2016年5月26日

メールはこちらから