多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成

Route-t

お問い合わせはこちらから

コラム

多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成 Route-t » コラム

「-(ハイフン)」を入れるかどうか

多くのメールフォームでは、電話番号を入力する項目があります。その際に「○」-「○」-「○」と、入力場所が3つになっている所はいいとして、そうではなく1つになっている場合があります。

この場合、「○○○○○○」とハイフンを入れずに数字だけ入れた場合に、エラーになってしまう場合があります。また逆にハイフンを入れるとエラーになってしまう事もあります。この辺り、実は統一が取れていないといっていいでしょう。

電話番号にハイフンを入れるのは、あくまでも読みやすくするかどうか、というだけです。なので数字だけ入れてもそれは問題ないはずなのですが、「ハイフンを入れてください」と出てしまう事があります。「ハイフンを入れてください」というメッセージならいいのですが、場合によっては「正しい値を入れてください」というメッセージが出ると、こっちとしては正しい電話番号を入れているのに間違っているの?と思ってしまうでしょう。

これは結局、入力された電話番号の「桁数」を見ていて、それで正しいか正しくないか、を判断しているのでしょう。しかし突き詰めて考えれば、電話番号にハイフンがあっても無くても、どちらでもきちんと電話番号と認識しないといけないでしょう。更に言うと、全角数字で入れる人もいるでしょうから、そういう人に対する対応も必要かと思います。

このようにメールフォームでは、半角数字や全角数字はどちらでも入力できるようにしておくのがベストでしょう。しかし「半角カナ」だけは、文字化けなどを起こす原因となりますので、入力できないようにしておいた方がいいでしょう。

2019年4月16日

メールはこちらからメールはこちらから