多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成

Route-t

tel
お問い合わせはこちらから

コラム

多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成 Route-t » コラム

メールフォームの「フリガナ」について

ホームページのメールフォームには、様々な項目を記入してもらう必要があります。例えば「企業名」。場合によっては「企業名」を入力していただく必要があるかと思いますが、たまに「企業名フリガナ」という入力項目がある事があります。もちろん企業名が漢字であればこの「企業名フリガナ」という項目は、便利だと思います。しかし昨今カタカナであったり、英字であったり、漢字でない企業名が増えてきています。そのような場合、「企業名」にカタカナを入力してまた再度「企業名フリガナ」に同じ内容を入力する事になってしまいます。

同様に「お名前」にも併せて「フリガナ」を入力する事があります。多くの日本人の場合、名前は漢字ですが、ごくたまにひらがなやカタカナの名前の方もいらっしゃいます。更に言うとメールフォームから連絡をしてくる方の中には、外国人の方もいらっしゃいます。そのような場合、もし「フリガナ」欄が入力必須になっていたら、どうすればいいのでしょうか?

今や国際化もかなり進んできています。もちろん「フリガナ」の項目がある方が便利なことは間違いないのですが、せめて入力必須では無い任意入力にしておいた方がいいでしょう。

2019年1月16日

メールはこちらから