多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成

Route-t

tel
お問い合わせはこちらから

コラム

多摩、武蔵野、青梅、立川の格安ホームページ制作・作成 Route-t » コラム

年末

毎年のことですが、年末はどうしても忙しくなりますね。やはりなんとか年内に…という話が多くなります。

やはり年の区切りなので、そこに合わせたくなってしまうのでしょうね。人間の心理の面白いところでしょうか。

2015年12月17日

仕事の効率化とは?

今回も以前どこかで聞いた話の受け売りです。

仕事を効率化させるには、例えばパソコンを新しくしたりなど、いくつかの方法がありますが、一番の方法は「人と人との間をつめる」事だそうです。

例えば私がお客様に対してホームページを制作する時は…
「私 → お客様」
と、いう流れになります。

しかし間にひとつ他の業者が入るとこれが…
「私 → 業者 → お客様」
となります。

場合によってはもうひとつ業者が入る事もあるでしょう。そうなると…
「私 → 業者その1 → 業者その2 → お客様」
となっていきます。

お客様からホームページについて更新のご依頼があった場合、最初のパターンでは直接私に依頼をいただければ済んでしまいます。しかし二番目、三番目のパターンだと間に業者が入ってしまうので、私のところに依頼が来るまでに、どうしても時間差が発生します。

これが少しの間ならいいのですが、業者の都合によっては連絡が半日あいてしまう事もあります。それがいくつも重なってしまうと、私のところに依頼が来るまでに、3~4日かかってしまう事だって十分考えられます。

時間の問題だけではありません。お客様からの依頼の内容が、いくつもの人を経る間に伝言ゲームのように内容が変わってしまう事だって、十分考えられるのです。

変わってしまった内容をもとに私が作業しても、また修正が入ってしまう事になりますし、その内容が来るまでにまた時間がかかってしまう事もあります…。これはとんでもなく非効率です。

最初に書いた「人と人との間をつめる」というのは、つまりそういう事です。間に入る人を少なくする事は難しいでしょうが、せめて連絡は素早く、また意思の疎通は十分に正しく行う必要があります。

本当にちょっとした事ですけど、気をつけていきたいと思います。

2015年10月17日

仕事の優先順位

以前読んだ本の受け売りですが…。

仕事、あるいは作業には「急ぎ」のものと「急がなくていい」ものがあります。また同様に「重要なもの」と「さして重要でないもの」があります。

そこで今自分が関わっている作業を、「急ぎで重要なもの」「急ぎだが重要でないもの」「急がなくていいが重要なもの」「急がなくていいし重要でないもの」の四つに分類します。

この中で真っ先にやらないといけないのは、もちろん「急ぎで重要なもの」ですが、その次に優先すべきものは、残り三つのうちどれでしょうか?

実は二番目に優先した方がいいものは…「急がなくていいが重要なもの」だそうです。

実際に分類してみるとわかると思いますが、この「急がなくていいが重要なもの」の中には、割りと雑用的なものが入ります。

例えば資料の整理、顧客メールアドレスの管理、作業に必要なものの買い出し、パソコンのメンテナンス…などなどです。

しかし実はそれらはあらかじめやっておく事で、後の作業がスムーズに進むようになるものばかりです。例えばパソコンのメンテナンスを後回しにしておくと、いざという時にパソコンが動かなくなってしまいます。逆にちょっとでもおかしい時にメンテナンスをやっておけば、後々パソコンの心配をしなくてもいいわけです。

自分の抱えている仕事が多くなった時には、こうやって分類してみて優先順位をつけてみるといいかもしれません。

2015年8月14日

トラブル

仕事をしていると、どうしてもミスやトラブルが発生することがあります。

最近はコンピューターを使うのでミスは少なくなっているとは思いますが、やはり最終的には人間が確認することなので、ミスを無くす事はまず不可能でしょう。

大事なのは、ミスを起こさない事では無く、ミスやトラブルが発生したときにどう対処するか、という事でしょう。

小さなトラブルから大きなトラブルまで、色々とありますが、それらがちょっとした機転で一気に片付くと安心するものです。

普段からちょっとしたアイデアを考えるクセ、を身につけておいた方がいいかもしれないですね。

2015年7月27日

SEOあれこれ

先日ある方とお会いした時に、現在のSEOについておうかがいいたしました。

その方はSEOに独自の理論をお持ちの方なのですが、その理論でご自分のサイトを検索一位に持っていった方です。

話をおうかがいする限りでは、やはりいままでのような付け焼き刃的なSEOはもうダメだろう、という事でした。

具体的には書きませんが、業者の力を借りる事なく自分でコツコツとやっていくのが、最終的には一番はやい方法である、という事を言われていました。

またSEOにこだわらず、自分のサイトを良くしていこうとする事が大事である、とも言われていました。やはりあまりSEOを過剰に追い求めるのは良くないようですね。

2015年6月16日

スマートフォン対応

Googleが、スマートフォン対応をしていないサイトに対して、検索順位を下げることがあると発言したようです。

確かに今はパソコンよりもスマートフォンでサイトを見る人の方が多くなっているようなので、ある意味時代に即した判断だと言えるかもしれません。

そういうわけで、遅ればせながらRoute-tでも、スマートフォン対応サイト制作を開始いたしました。

詳しくはお問合せください。

2015年5月7日

ちょっとした気づかい その2

以前ある企業に打ち合わせに始めて打ち合わせに行った時の話です。

私はその時が始めての打ち合わせだったのですが、雑居ビルに入ってその企業の前のドアまで行ってみると…

「歓迎 Route-t様」

という張り紙がありました。これはちょっと嬉しかったですね。しかも始めてなので、場所の確認にもなりました。

本当にちょっとした気づかいなのですが、あると無いとではずいぶんと受ける印象が違うと思います。

2015年4月5日

ちょっとした気づかい

以前ですがオンデマンド印刷のサイトで、名刺を頼んだことがあります。

メールフォームに必要事項を書いて申し込んだのですが…「送信」ボタンを押すと「ありがとうございました。」というメッセージが出るだけでした。内容の確認も、注文完了のメールも届きませんでした。

名刺は問題なく完成して無事に届いたのですが、こちらとしてはかなり心配でした。

こういう時には最低でも「ご注文を承りました。○日後にお送りいたします。」などのメール返信が必要では無いでしょうか?

もちろんそういった手間を省くからこそのオンデマンド印刷なのでしょうけれど、やはり必要最低限のやり取りが無いと、どうしても不安になってしまいます。

印刷の出来栄えは良かったし、何よりかなり安かったのですが、次回そのサイトを使いたいか?と言われると…正直ちょっと考えてしまいます。

WEBの時代ですが、そういったところにちょっと手間を気づかいを入れるだけで、色々と変わってくるのでは無いかと思います。

2015年3月18日

ホームページの流行 その2

前回はホームページの流行について書きました。
そこでも書いた通り、私としてはホームページの流行を追う、という事に否定的です。
今回はその理由をもう一つ書いておきます。

ホームページの流行のデザインといってもその時々によって違ってくるのですが、ほぼ共通しているのは、「その時の最新の技術を使っている」という事です。
そして「最新の技術を使っている」という事は、古いPCなどを使っている方には「見る事が出来ない」という可能性があります。

ホームページは出来るだけ多くの人に情報を伝えなければいけません。その大前提があるからこそ、安易に最新技術を使ったようなページは、作らない方がいいと思うのです。

逆に古い技術のホームページであっても、見れなくなる可能性があります。一部のタブレット型PCなどではFlashは見る事が出来ません。

いずれにせよ、技術に流されずに自分の伝えたい事を掲載していく、というのが大事なのだと思います。

2015年1月29日

ホームページの流行

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、ホームページにも流行があります。

今から10年位前は、Flash動画を使ったような豪華なデザインが主流でした。
5年位前から、WordPressなどのいわゆるCMSを使ったような、テキストがメインのサイトが中心になってきました。
今はもっぱら、スマホとPCの両方で見れるようなデザイン、いわゆるレスポンシブデザインが主流になっています。

…確かにデザインには流行り廃りがありますが、果たしてホームページの中身は流行で変わるようなものでしょうか?
逆にちょっと流行が変わった程度で中身が変わってしまっては、見ている人が混乱してしまいます。

ホームページで一番大事なのは流行に左右されない部分、つまり中身であり、
どういった層に向けて作るのか、という明確なターゲット設定では無いでしょうか。

2015年1月15日

ホームページを安く作る方法

ホームページを安く作るには?といっても色々な方法があります。その中で結構見落としてしまいがちな方法として、各自治体の制作助成金・補助金を利用するという方法があります。

自治体によってはやっていなかったり、また色々と条件があったりしてめんどくさい一面もあるにはあるのですが、上手く使えばホームページ制作にかかった費用のほとんど全てを助成金でまかなえることも可能です。

詳しくは最寄りの自治体、または助成金でのホームページ制作について書かれたページを参考にしてみてください。調べてみる価値は、十分あると思います。

2015年1月5日

メールはこちらから